【天上天下唯我独尊男ドクソ】

自分を知るためのブログ

生命の危機に高揚す

皆さんいつもありがとう『裏路地ドクソ』です。

 

いやぁ、宿直明けの日勤はキツイ。

 

でも、もうこの前みたいに胃痛で休むわけにはいかないので、体調管理の為に昨夜は早めに寝たよ。

 

本当は絵でも描こうと思ったんだけどね。

 

今は特に何を考えるわけでもなくブログを更新している。

 

このブログもなー、昔は何かしらのテーマがあってやってたんだけどね。

 

今は何だそれって感じで毎日記事をアップしてる。

 

大きなテーマ「人の尊厳を認めるブログ」からはそれていないだけでも良しとするかな……

 

なーんか面白いこと書きたいけど、日常にそんなに楽しいことって転がって無いね。

 

いや、常にアンテナを張り続けていればそんなことは無いんだろうけど。

 

今回は「朝トラックに正面衝突しかけた」話でもするかな。

 

僕は今、躁鬱病で、毎日希死念慮と戦いながら日々生活をしている。

 

自分の意志とは関係ない所で「死にたい」という言葉が頭をよぎるので油断できない。

 

今回話すのは「僕が死にたくなかった」って話。

 

別に順を追って話す程の話でもないんだけど。

 

ある朝の出勤途中、明らかに制限速度を超えて走ってくる大型トラックが中央分離帯を割って反対車線の僕が乗る軽自動車めがけて突っ込んできた。

 

僕は咄嗟の判断でアクセルを踏み込んで、トラックが完全に反対車線に入ってくる前になんとか車を滑り込ませた。

 

その時の僕の感想が「助かった」だった。

 

日頃から「死にたい」と考えを支配されているのにもかかわらず、全身の毛が逆立ち激しい動悸に襲われる。

 

その先のパーキングに寄って、動悸が治まるのを待っているときに僕は。

 

「なんだ、死にたくないんじゃん」

 

そう思ったな。

 

鬱病は甘え」っていう言葉が頭をよぎったな。

 

もちろん世の中で鬱病に苦しんでいる人は沢山いるし、僕も酷い時はベッドから起き上がれない程苦しんだ。

 

でも「死にたい死にたい」言ってたって、結局人間は生きたいんだなって思った。

 

あの時は、久々に生きてることに対して高揚したな。

 

あんなに怖い思いをするのはもう沢山だけど。

 

生きていたいって思った気持ちは大事にしようと思った。

 

そんな、ちょっとした話。

 

新小説「咲くことのないブルー」を書き始めます

皆さん、いつもありがとう『裏路地ドクソ』です。

 

何やかんや、この前の絵が出来上がってから20日が経ったね。

 

その間、新しい絵のあたりや下書きを描いては消してを繰り返した。

 

「この前の絵を超える物を描きたい」と力を入れ過ぎたことが原因だね。

 

そんなこと自分のエゴでしかないのに。

 

本当は何かを生産することに疲れがあったんだなぁ、なんて思う。

 

まぁ、それを辞めたら僕は何の魅力も無い人間になってしまうので創作は続けていくしかないんだけど。

 

今日から、新しい小説を書いていく。

 

新小説のタイトルは「咲くことのないブルー」

 

ジャンルとしては恋愛小説だね。

 

あー、言っちゃった。これで書き上げるしかないね。

 

クリエイティブな事をしていると楽しい、しかしその反面疲れも多い。

 

仕事と両立していくのは本当にキツイ。

 

そんなことしてる人はこの世の中にいくらでもいるけど。

 

それこそ「本当に好きな事」をしていないと続かないよね。

 

でもタイトルもジャンルも言っちゃったからには駄作であろうと書き上げるつもりでいるので、期待しないで待っててください。

 

前回のショートショート「ドクソの妄想寓話」は家族にだけ配るつもりで10部だけ刷ったけど。

f:id:dokuso:20200215085702j:plain

今回の小説は何部くらい刷ってみようかな……

 

オリジナルの即売会とか出てみたいから、30部くらい刷ってみようかな。

 

知らない人の家に僕の作品があるという計画を着々と進める為に、今は生産活動に勤しむだけだな。

 

ちなみに前回の作品「ドクソの妄想寓話」はまだ家に5部余ってるんで。

 

欲しい人がいたらツイッターのDMまで連絡下さい(この前の絵で懲りていない)

twitter.com

さて、これから執筆に勤しみます。

 

また忙しくなるぞー、というか書き上げる為に頑張るぞー。

 

皆さんいつも通り応援よろしくお願いします。

 

ではまたお会いしましょう。

 

体が重い

皆さん、いつもありがとう『裏路地ドクソ』です。

 

なーんか具合が悪い。

 

精神も体も。

 

一昨日は胃痛で仕事を休んじゃったしね。

 

別に「苦しんでて可愛そうな自分」を触回るつもりはないんだけど……

 

それでも毎日落ち込んで疲れるなぁ。

 

べつにさ、何があったってわけじゃないけど。

 

ここのところ毎日、暗いことを考えては勝手に疲れてる。

 

よく飽きないな躁鬱病よ。

 

こんな自尊心の低い男を捕まえて、毎日まいにち精神を蝕むことに、何の意味があるんだい?

 

自尊心が低いってのは間違いか、本当はプライドの塊なのかもしれないな僕は。

 

だから自分の理想との距離を埋められずに悩んでるだけなのかも。

 

本当に自分が分からない。

 

 

浦沢直樹の漫勉

皆さん、いつもありがとう『裏路地ドクソ』です。

 

皆は今回タイトルに付けたテレビ番組を知っているかな?

 

浦沢直樹先生が、様々な漫画家にアプローチしてその現場を鮮明に映し出す素晴らしい番組なんだ。

 

漫画家を目指している人は一度は見たほうがいい。

 

歴戦の漫画家達がその技術を惜しみなく見せてくれている。

 

僕は今は漫画からドロップアウトして、一枚絵や小説を描いているけど。

 

それでもこの番組を録画して何度も見返しては。

 

やっぱり漫画って、素晴らしい文化だなって思う。

 

また漫画を描いてみれば良いんだろうけど、今はまだそのモチベーションが持てない。

 

というか一枚絵や小説を書くのも手が止まってる。

 

生産性のない人間です。

 

もっともっと、作品というものにのめり込めれば良いんだけど。

 

仕事と両立する体力が無くてモヤモヤしてる毎日です。

 

というか本当に好きなことだったら、四の五の言わずに書いてると思うけど。

 

それをしてないって事は、僕は作品を作るってことに対して何かが欠落してるのかもしれないな。

 

まぁそんな事言っててもさ、何も始まらないから書くだけだけどね。

 

真剣に実直に。

 

ただ目の前の事に集中するだけなんだけどなぁ。

 

何も無い所から何かを生み出すってのは結構苦しい作業だよね。

 

またブログでグダグダ言ってしまった。

 

いいから何か描けって。

 

そんな事を毎日自分に言い聞かせて生活してます。

 

とりあえず「浦沢直樹の漫勉」

 

とっても面白いので見れたら見てね。

 

 

灰色の太陽がまた上がる

皆さん、いつもありがとう『裏路地ドクソ』です。

 

僕が初めて心療内科の戸を叩いてから四年の月日が経過した。

 

真面目だ真面目だと言われた人生。

しかし僕は真面目なんかじゃなく、狡くてズルい人間だった。

 

だから世間から言われている僕のイメージを演じきることに限界を感じて鬱病になったんだと思ってる。

 

なにか問題があればまず、自分のせい。

その次に追い込まれれば、他人に噛み付く。

 

この負け犬根性はいつになったら治るのかね。

 

「馬鹿は死ななきゃ治らない」なんて、昔の人はよく思いついたもんだ。

 

僕自身、いつのまにか自分に染み付いたこの「性格の悪さ」からいつまでたっても抜け出せない。

 

色んな人を傷つけたな。

 

その度自分まで傷つける結果になって、どうしようもなくなって地上で溺れ続ける哀れな道化。

 

それが僕の正体なんだ。

 

昔、学生時代にイジメにあって。

そこそこ凄惨なイジメだった。

 

その時に担任に言われた言葉「ドクソにも悪いところがあるんじゃないか?」この言葉が僕の人生において最も影響を与えたことは間違いない。

 

勘違いしないで欲しいのは、僕が未だにこの教師に言われた事を根に持っている訳ではないと言うことだ。

 

だけど、この時初めて思ったな。

 

「真面目なんて言われてても、なんの役にもたたないな」って。

 

その事件があってから、僕はきっと真面目に生きるのを辞めたんだ。

 

過激な言葉を振り回して、危険に繋がるようなことは見て見ぬふり。

 

自分に降りかかる不幸は他人のせい。

 

そんな最悪の人間性

 

だけど、その度に自分も傷ついたな。

 

30歳を過ぎてこんなこと言ってるのも情けないけど、まだ「本当の自分はこんな人間じゃないのに」って思って生きてる。

 

でも、真面目に生きる馬鹿馬鹿しさを繰り返すのは、それこそ頭の悪さを露呈するようで出来ない。

 

未だに僕のことを「優しい奴」だと言う人もいる。

 

お門違いだよ。

 

戦うことを放棄した卑屈な負け犬。

 

僕のことを知っている人なら、それが垣間見えるだろうな。

 

僕はきっと、躁鬱病になることで自分が傷つくことから逃げただけ。

 

逃げ足ばっかり早くなって、見えた景色は灰色の世界だったのかもしれない。

 

僕は今、家庭を持っている。

 

妻と子供は愛おしくて、これが幸せっていうのはわかってる。

 

でもいつまで経っても自分の事だけが容認できない。

 

情けなさが染み入る、病気という言い訳を手に入れてそれを粗暴に振り回す。

 

嫌だ嫌だと言いながら。

 

でも逃げ続ける事に疲れたら、また正面を見てみよう。

 

そしたらきっとまたいつものことのように太陽が上がるだけだ。

 

最低な一日がこれから毎日続いたって、気づけば僕の周りにはいい人が集まってくれてる。

 

きっとこれだけが、僕の生まれ持った才能なんだろう。

 


f:id:dokuso:20200915201742j:image

絵を描くよ

皆さん、いつもありがとう『裏路地ドクソ』です。

 

思考的弱者思考の記事が50回を迎えようとしている。

 

この頃ブログでお祝い事をしてなかったので、50回目は絵でも描いて載せようかなって思ってる。

 

前々から考えてたカラーのイラスト。

 

カラーなんかもう数年描いてない、しかもアナログならもう十年近く描いてない。

 

家に放置してあったポスターカラーを使って描く。

 

しかもまた自分にとって大きめな絵を。

 

これは挑戦ですよ。

 

もともと画材の使い方が下手くそだからカラーをやめていたようなもんだし。

 

この前のボールペンアートのクオリティーを期待してくれてる人をガッカリさせちゃうかもなんて思えて少し怖い。

 

でもね、いい絵を描きたいって気持ちは変わらないから。

 

ちょっと下手でも笑わないでね。

 

描きあげた絵はまたここで希望者を募るか、ハンドメイド系のアプリで売り出そうかななんて考えてる。

 

ちょっと時間はかかるけど。

 

期待して待っててねー。

 

今日はこれでバイバイ。

 

思考的弱者思考・49

皆さん、いつもありがとう『裏路地ドクソ』です。

 

最近は毎日ブログを更新出来ているね。

 

休日に映画を見に行く元気もあるし、不安はあるけど充実した毎日を静かに過ごせているんじゃないかな。

 

家族と少しの友人しか知らないこのブログで言いたいことも言えているし、心の調子は整ってきている。

 

なにより絵を描けるしね。

 

うつ状態が一番酷いときはベッドから起き上がれなかったくらいだから、好きなことが出来ていることが嬉しい。

 

気分には波があって、時には希死念慮が現れる時もあるけど、僕はなんとか生きてます。

 

この先、また「しにたい」と思うことが待っているんだろうけど……

 

その時はその時にどうにかすればいいや。

 

べつに躁鬱病だからとかじゃなくて、誰にでもあることさ。

 

今はそう思うことにする。

 

たまに僕の中の僕が自分に問いかける。

 

「このままでいいのか」って。

 

僕もね、現状を全て容認しているわけじゃないから、逃げ出したくなる日もあるんだけど。

 

逃げたいときはこのブログに不安をぶちまければいいやって。

 

そんな風に思ってる。

 

この世の中には精神病で辛い想いをしてる人が星の数程いて、僕も地上からは認識できない程の小さな星だけど。

 

どうにも輝きたいって気持ちを捨てきれずにいるくすぶった星だ。

 

ここでぶつくさ言っててもさ、何も始まらないんだけど。

 

絵を通じて、小説を通じて。

 

僕の小さな世界を変えたいって思ってる。

 

ここにいる皆さんはそんな僕を見つけてくれた、優しい星だ。

 

だから一緒に輝きたい。

 

認めてくれてありがとう。

 

そして、これからもよろしくお願いします。

 

休憩時間中に書いてるから、仕事に戻ることにするよ。

 

じゃあねー。