【天上天下唯我独尊男ドクソ】

自分を知るためのブログ

【生きていてくれてありがとう】

 

皆さん、いつもありがとう『ドクソ』です。

今日は時間があるので、2本目の記事を上げてみようと思う。

 

僕は適応症害が治ったと周囲に触れ回っているが、決して悩みがない訳では無い。

むしろ今後の生活に不安だらけで考えるだけでも目眩がするほどだ。

そんなときにはこのブログを書くことで、不安から一旦目を逸らすことにしている。

 

ここに記事を上げていれば読者の皆さんからはてなスターやコメントを貰うことが出来る。

僕が社会的に独りではないということと、気兼ね無く正直な意見を発表できる数少ない場所だ。

 

この【天上天下唯我独尊男ドクソ】というブログを書きはじめて約2ヶ月が経過した。

このブログを続けていくうちに、僕が感じたことは「自分以外の人もなにかしら、悩みを抱えて生きている」ということだ。

 

勿論、そんなことは当たり前なんだけど、僕が如何に周囲に目を配る余裕が無かったのかを思い知った出来事でもある。

もしかして、皆少なからず生きづらさを感じていて「死にたい」なんて想いを持って生きている人も実は沢山いるのかな?

 

こういう想いを抱えて生きているのは悲しい。

世界で独りぼっちになった感覚に襲われるからだ。

 

生きているだけで人はなにかと必ず係わって生きてる。

だから本当に独りぼっちなんてことは有り得ないのだけど、どこか自分の声が届かないような気になって、自死を選んでしまう人が沢山いる。

そんな事実が、今はただただ悲しい。

 

僕に出来ることは、このブログをできる限り毎日更新して「こんなちっぽけなことで悩んでいる奴もいるよ、だからとりあえず今日だけでも生きてみようよ」と言うことだ。

 

本当に今日だけで良い。疲れたなら休んでいて良い。

泣きたいなら、泣いていい。

話したいなら、誰かに話しても良い。

死にたいなら、ネットで死ぬ方法を検索してても良い。

 

そして明日が来たら、またその今日だけ生きることを考えて生活してみようよ。

誰も貴方のことを責めたりしない。

少なくとも僕は責めたりしない。

 

ありきたりな言葉なんだけど、貴方が今、生きていてくれるのが僕は嬉しい。

本当に心からそう思っている。