【天上天下唯我独尊男ドクソ】

自分を知るためのブログ

【方耳に、ピアス】

 

皆さん、いつもありがとう『ドクソ』です。

 

僕は過去に古着を扱うお店に勤めていたため、ファッションが大好きだ。

メンズ服の担当になった僕は毎日のようにネットで新しいブランドの知識を増やし、それを仕事に活かしていた。

 

その職場を辞めて、新しい職場に勤めだして約2年後、僕は適応症害になった。

このブログを読んでくれている読者には悪いと思っているが、病気は僕のアイデンティティであるため、現在の僕はブログを上げる度にその名前を出してしまう。

 

適応症害が酷くなって、家に引きこもりがちになった僕は、あるときピアッサーを買ってきて両耳に4つのピアスホールをあけた。

 

あの時は自分がピアスをしたいと思ってホールをあけたと思っていたが、今思えば自傷行為の一つであったのかもしれない。

その後も安全ピンを使い、ホールを増やす僕の姿を見て、妻は「ドクソがホールを増やすのを見ていると悲しくなってくる」と言った。

 

そう言われてから、僕はホールを増やすことを辞めたが、今は埋まった穴を含めて数えると、全部で7つのホールをあけたことになる。

 

現在残っているホールは、右耳にたった一つ。

後のホールは全て放置しているうちに埋まってしまった。

 

もともとファッションが好きで、全て埋まってしまっては勿体ないと思い、あえて一つは残したのだ。

 

今は二つのピアスを、その日の気分で付け替えて生活している。

 

悪い予感がする日を、平穏に過ごしたい時につける、黒いピアス。

良い予感がする日に、幸運をもたらして欲しいときにつける金のピアス。

 

TPOをわきまえて、着用すべきでない場面では外しているが、それ以外の時間はピアスを着用している。

かつては僕は「ファッションは人に見せるためにある」と考えていたが、誰に見せる訳でも無く、その日の気分で自分のためにアイテムを選ぶのも良いものだ。

 

いまやピアスは、自傷行為の跡から、僕の勇気を後押ししてくれる物へと変化している。

 


f:id:dokuso:20200126094318j:image