【天上天下唯我独尊男ドクソ】

自分を知るためのブログ

【思考的弱者思考・36】

皆さん、いつもありがとう『ドクソ』です。

 

明日は遂に今通っている病院とお別れの日だ、紹介状を受け取りに行ってこれからはかつて入院していた家の近所の病院に通うことになる。

 

すんごい長かったな。僕が「もうこの病院には行かない、僕の適応障害は治った」と言いはじめてから二ヶ月間も『躁状態』を疑われ通うことになるとは思わなかった。

 

まぁ、躁状態だけでなく『適応障害』や『鬱病』は治りかけてからの経過観察が一番大事なんだということなんだけど……

現に薬を飲んで気分が落ち着いている今でもふと考えることがある。

 

「僕ってこれから生きてて楽しいことあるの?」

 

この考えこそが病気そのものだって、思い立つまでが長かった。

脳内のセロトニンが足りないとか、テストステロン不足だとか難しいことは分からないが、元来楽しいこととは『自分で生み出す』気分のことで、それに対しての外的要因を探すことがすでにナンセンスだ。

 

「楽しいことは受け身では訪れることは無い、自分が行動した結果に起こり得る結果でしかない。だから悩んでいる人ほど次の行動を起こすべきである」

 

わかってる、わかってはいるんだけど、言葉にするほど簡単じゃない。

だって悩みって基本的に『思考を支配されて身動きできない状態』のことだ。

 

自己啓発本には、そんな身動きできない人に「そんなときこそ新しい行動に出ようよ」なんていう文句が書かれているものばっかりが売られている。

スピリチュアルの本に至っては「貴方のご先祖様の業が、貴方を苦しめているのです。だから神社に行ってお清めをしてくるのです」そしたら人生が今すぐにでも好転し始めるのですみたいな。

 

僕はそんな本を沢山読んできたから分かる、実際そうすること(行動すること)でしか自分が救われないのは重々承知なんだけど、そんなに簡単に自分の考えを割りきれる人間だったら最初から悩んでないし、ましてや適応障害になんて患うわけがない。

 

昔さ、表紙が素敵だなと思って『翻訳できない世界の言葉』っていう本を衝動買いしたんだけどそこに載ってたイディッシュ語の「シュリマズル」って言葉が最近頭をかすめるわけ。

 

※『シュリマズル』【意味・不運としか言いようのない人】

悪いことなど何もしていないのに立て続けに不運が訪れる人のこと。

その解決方法はその不運のカオスを受け入れ抱きしめるか、徹底的に逃げること。

 

みたいな事が書いてあったんだよね。

 

それを見たら「あ、やっぱりどこの国に暮らしていても、受け入れられない悩みからは逃亡するしかないんだ」と思った。

 

僕はこのブログの最初期に自分の逃げ癖のことを『フリーエンシンドローム』なんて名前を付けて客観的にみる練習をしていたんだけど、この逃げ癖があったことで現在の自分が生きてることは否定できない。

 

病気になり自身の逃げ癖を恨み、治りかけて逃げ癖に感謝する。

 

こんなことに意味なんてあるのかどうかは分からないけど、とりあえず病気にならなければ自身の持つ『性質』について考えることもしなかっただろうな。

 

僕もこれからの自分のことは相変わらず不安だけど、きっとどこで何をしていてもこの不安からは逃れられないのだろう。

 

「我悩む、故に我あり」みたいな。

 

不安があってこその自分みたいな、そんなことなんだろうと思う。

多分、今悩んでいる人は皆、この不安を全て手放して自分勝手に生きることを望んでるわけじゃない。

 

その悩みすらも抱え込んで生きていく『強さ』を手に入れたいと願っているんだろう。

 

どうやらそんな『強さ』を手に入れるためには、もっと深く自分のことを追求していく必要があるようなので、弱い人間なりに自分の『悩み』や『出来ないこと』に対して考えつづけることにしよう。

 

多分人生の意味なんて本来は何もなくて、明確な答えを欲しがっている内はまだまだ気持ちのあり方が青いってことなんかね。

 

年齢的にはもう結構なおじさんなんだけどなぁ。