【天上天下唯我独尊男ドクソ】

自分を知るためのブログ

【変化の無い日々の中で思う事】

皆さん、いつもありがとう『ドクソ』です。

 

記事を書けば「イジメ」とか「躁鬱病」とか、自分でも他になんか書くこと無いんかって思えてくるなぁ。

 

転職先に通うのも五月からだし、こんなご時世だから容易に外出も出来ないから日々にあんまりこれといった変化が無いことも原因の一つかもしれない。

 

こういう時にこそ趣味の小説を上げればいいものを、なかなかいいアイデアが降って来ないのでこうして何も考えず更新できるブログを書いているわけである。

 

二週間程ご無沙汰だったこのブログも久しぶりに覗いてみると二人ほど読者が増えていた。毎日更新していた頃は一日五個程更新していたのにも関わらず一人も増えないなんてことがざらにあったのに何とも不思議である。

 

放置しておいたブログのランキングを見ると、最近の記事は全く上位に表示されていなくて、過去の「躁状態」の時にがむしゃらに書いていた記事で埋め尽くされていた。

 

確かにあの頃は今よりも記事に熱量があったもんなぁ。

 

自分の事を疑わず前進できる人は強いってことなのかね。

 

ユーチューバ―なんか見てるとやっぱり「これ、面白いでしょう?」なんて内容のものは見ていて気持ちが冷めるけど「俺はこれが面白いからやってんだ」みたいな動画を見るとこっちまで「あれ?これって面白いのでは?」なんて思えてくるものだ。

 

「自分が好きだからやる」

 

これ以上に自分を突き動かす動機は存在しない。

 

僕のブログもさ、自分が好きだからこうして辞めずに記事を上げているんだろうね。

 

自己表現をしたくてたまらないから続いている。

 

誰が読んでるとか読んでないとかそういうことじゃなくてさ。

 

毎日書き続けて数十年も経てば、いつか何かしらのレスポンスがあるかもしれないなんて小さく期待しながら。

 

少しくらいそんな見返りがあることを信じても良いんじゃないかな。

 

それが自分のモチベーションになっているんだから。

 

こんな僕の日記を誰が必要としているのかは分からないけど。

 

少なくとも今の自分には必要な事なんだろうと思っておくよ。