【天上天下唯我独尊男ドクソ】

自分を知るためのブログ

物語紡ぐ

皆さんいつもありがとう『裏路地ドクソ』です。

 

皆さんは休日にやっている趣味はありますか?

 

このブログを読んでくれている方はご存知だと思いますが、僕は趣味で絵を描いたり小説を書いたりしている。

 

プロになれる程の生産性はないから、あくまで今は趣味で行っているけど、いつかは僕の書いた本が世の中に出版されたりなんかしたら嬉しいななんて妄想を日々繰り広げている。

 

絵でも小説でも共通して好きなジャンルは「ジュブナイル」だ。

 

僕の昔からの作風として少年少女の心の動きを描くのが好きなのだ。

 

所謂「青春物」というのに近いが、僕は自分の書く物語を「ジュブナイル」ということに拘っている。

 

人々が持っている「少年期」の心の成長や葛藤。

 

子供が読めば共感を得られ、大人が読めばノスタルジーを感じるような物語。

 

そんなものを題材に作品を作っている「つもり」である。

 

最近では(昔もか……)仕事のストレスから開放されるために妄想に耽っているだけに過ぎないのだが。

 

それでも「物語」を考えることを辞めてはいないので、よっぽど好きなんだろうなって思う。

 

またね、どうしようもない暗い気持ちが襲ってくるんだろうけど。

 

この先の苦労なんて考えたくもないけど。

 

自分の好きな「物語」を紡いでいれば。

 

そんなことも乗り越えられるのかなぁ?

 

自分らしく生きるってなんだろう。

 

30過ぎになって、今更こんなこと考えてるのって僕だけかな?

 

皆はもう人生設計をしっかり立てているんだろうか?

 

あー……考えても分かんないなぁ。